京都のフレンチレストラン「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」のflashをご覧頂くには”flash player”が必要です。コチラからダウンロードしてください。

ようこそ「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」へ

              「 年の瀬 」

「吉例顔見世興行」も今年は先斗町の歌舞練場に舞台を移して雅やかな古都の「年の瀬」に華やぎを添えます。

= アルモニー・グルマン 通年化のご案内 =

毎年「周年月」の特別ディナーとしてお楽しみ頂いておりました「アルモニー・グルマン」ですが、通年化させて

頂くことになりました・・・「WINE & DINE」ワインと料理のマリアージュを心行くまでお楽しみ下さいませ・・・。

クリスマス限定メニューのご案内
今月のアルモニー・グルマン

Wine&Dine

CHATEAU LA CROIX DU CASSE '10 (Pomerol)
シャトー ラ クロワ デュ カース (ポムロル)

今月のマリアージュのお相手は「鳥取産 鹿モモ肉のソテー グリーンペッパーソース」をおすすめします。鳥取県より罠で捕えて頂いた鹿肉を丁寧にロースト、山椒のような鮮烈なインパクトのある、グリーンペッパーソースでお召し上がりください。想像以上に上品な鹿肉の味わいにインパクトのあるソース、非常にリッチで深みを持った「ポムロル」ワインと絶好のマリアージュになりました。評判の良い2010年となれば尚更の相性です。是非、お楽しみくださいませ!!。

今月のワイン

EGLY OURIET BRUT GRAND CRU
エグリ ウーリエ ブリュット グラン クリュ

理想的な緩やかな南向き斜面に植えられた平均樹齢40年の古樹のピノ・ノワール種は、「ガティノワ」や「ボランジェ」といった同じく最高峰のピノ・ノワール種が産出されることで有名な「アイ」村より早くヴェレゾン(色づき)します。その凝縮した果実味を持つピノ・ノワール種に、東向き斜面のシャルドネ種をアッサンブラージュすることによって、美しい酸を持つ非常にバランスのとれたシャンパーニュが生まれます。かすかなサーモンピンクをまとった黄金色、グラスに注ぐだけで華やかで濃密な香りが立ちこみ、甘い果実香と美しい酸のニュアンス。口に含みますと、黒糖のような濃密さを感じながら、決して重厚過ぎにはならないような溌剌とした酸が存在、優れた特級村のみが持つクリーミーなミネラルも感じられます。誰しもに愛される、一つ高みの「シャンパーニュ」でございます。聖し12月の夜は、大事な方と是非、お楽しみくださいませ!!!。