京都のフレンチレストラン「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」のflashをご覧頂くには”flash player”が必要です。コチラからダウンロードしてください。

~ ようこそ「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」へ ~

            

「 涼一味 」

「4月上旬」並みの肌寒さから「7月上旬」の真夏日を感じさせる暑さまで、まるで「3ヶ月間」の季節の移り変わりを体感した「5月」でしたが、今月に入ってからは「天気予報」も例年並みの穏やかな「夏日」の予想に、梅雨入りまでの数日間は、絶好の「床日和」・・・川面を渡る心地よい緑風に誘われながら、この季節ならではの「涼」を存分にご満喫下さい・・・。

  • Wine&Dine

    VIN DE PAYS DES BOUCHES DU RHONE '15 (Domaine de Trevallon)
    ヴァン ド ペイ デ ブーシェ デュ ローヌ (ドメーヌ ド トレヴァロン)

    色の濃いルビー色、堆肥やスパイス、木樽の香りに少し野性的な動物香、口に含むと広がる果実の風味はボリュームたっぷりでインパクト抜群ですが、そのあとに続く優雅な酸と上品なミネラル感が果実味と見事な調和をみせ、最後の複雑で甘美な余韻へといざなってくれます。マリアージュのお相手には「ブルターニュ産 仔牛フィレ肉のブランケット サマートリュフの香り」をおすすめします。フランス産の仔牛肉はミルクでマリネしてから、バターソテーし、生クリームを加えて軽く煮込んで仕上げます。今月はそこへ、サマートリュフを贅沢にトッピングしていきます。仔牛の淡白な旨味に、クリーミーさとトリュフの香しい風味。カベルネ・ソーヴィニヨン種とシラー種をブレンドした濃厚ですが、非常に優雅なワインとすばらしい相性を見せてくれます。是非、お楽しみくださいませ!!。

  • 今月のワイン

    PULIGNY MONTRACHET '09 (Louis Callion)
    ピュリニー モンラッシェ (ルイ カリヨン)

    グラン・クリュとプルミエ・クリュはすべて小樽で熟成されます。熟成期間はおよそ1年。プルミエ・クリュの新樽率は高くても20%程度に抑えています。清澄、2回濾過した後に瓶詰めされます。今回ご紹介の「ピュリニィ・モンラッシェ」村の白ワインは石灰質の比率が高く、ミネラルと酸味のレベルは「ブルゴーニュ」随一。2009年は「ブルゴーニュ」の生産者の誰もが満面の笑みをたたえたほどのグレートヴィンテージです。色調は濃く黄金色に近い、柑橘系を感じさせる「ピュリニィ・モンラッシェ」村らしいキレのある味わいながら、2009年を象徴させる豊満で愛想のよい果実味、リンゴ蜜のような、も感じ取ることが出来ます。ワイン造りには、あの「ルフレーブ」と肩を並べるとまで称賛する評論家もいるほどで、有名な「ル・クラスモン」では、「コント・ラフォン」や「エティエンヌ・ソゼ」と並んで“3つ星中2つ星”を獲得しています。「ピュリニー・モンラッシェ」村を代表する作り手「ルイ・カリヨン」、時節的にもぴったりなワインでございます、是非、この機会にご賞味くださいませ!!!。 


キッチンスタッフ 大募集