京都のフレンチレストラン「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」のflashをご覧頂くには”flash player”が必要です。コチラからダウンロードしてください。

~ ようこそ「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」へ ~

「 蝉時雨 」

昨年より「3日」遅く入って「10日」遅く明けた今年の「梅雨」ですが、その後は案の定、いきなりの「盛夏」の様相で軒並みの「真夏日」の連続です・・・この「8月」も、前半は平年以上の暑さの「猛暑日」予想ですが、お盆過ぎ辺りから「残暑」は続くものの、ほぼ平年並みの暑さへと少しづつ和らいで行き、夕暮れ時からの加茂を渡る「涼風」に「納涼床」の風情をお楽しみ頂けます。

                       「 夏季休業 」のお知らせ

日頃は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。誠に勝手ながら
「8月16日(日)」より「19日(水)」を「夏期休暇」とさせて頂きます。
今後とも相変わりませず、よろしくお願い申し上げます。

8月10日・第二月曜日は「通常営業」となります。

 

 

 

  • Wine&Dine

    CHATEAU PETIT GRAVET AINE '14 (St-Emilion)
    シャトー プティ グラヴェ エネ (サンテミリオン)

    ブレンド比率はカベルネ・フラン種80%、メルロー種20%、色調は非常に濃いガーネット。コーヒー、スパイス、たばこ、に腐葉土の香りも混じる。黒い果実の柔らかな凝縮感、非常に骨格のしっかりした味わい。しなやかで緻密なタンニンと酸のバランスが素晴らしく、新樽100%で18か月間行われる熟成による樽のアクセントが心地良く、余韻も非常に長い今月のマリアージュのお相手は「京都ポークとフォワグラのロッシーニ風 ペリグー・ソース」をおすすめします。京都ポークのロースをソテーし、フランス産の鴨のフォアグラのソテーと重ね合わせ、黒トリュフのペリグーソースを添え、ロッシーニ風に仕上げました。ジューシーで旨味のある京都ポークと濃厚ですがくどさを感じさせない鴨のフォアグラが黒トリュフの風味と三位一体を形どり、贅沢な一皿となりました。やはり、ここはスパイシーで、しっかりした骨格を持った「サンテミリオン」、近年はカベルネ・フラン種が本当によくなりました。タバコや腐葉土の芳醇な香りと黒トリュフの香しさは最高のマリアージュとなりました。是非、お楽しみ下さいませ!!。

  • 今月のワイン

    CHASSAGNE MONTRACHET. Clos du Chateau de la Maltroye '16 (Chateau de la Maltroye)
    シャサーニュ モンラッシェ クロ デュ シャトー ド ラ マルトロワ (シャトー ド ラ マルトロワ)

    2016年の「ブルゴーニュ」は4月の霜害と5月の2度の雹害に襲われ、収穫量が非常に減少したことで、ブドウの生命力と栽培家の力量が試された年となりました。しかし8月から収穫までは天候も回復し、暑い夏となったことで果実はしっかりと成熟。収量は低かったものの、生命力豊かでエレガントな酸とミネラルを備えたブドウが収穫されました。良年の2015年のワインがしっかりとした果実味と豊かな糖分を備えたスタイルであるのに対して、2016年のワインは上質な酸を伴うフィネスに富んだ、まさに真の「ブルゴーニュ」愛好家に飲んでいただきたい味わいに仕上がっています。外観は若々しく輝きのある淡い麦藁色。リンゴや洋梨、グレープフルーツなどの柑橘類のピュアでフレッシュなアロマと、トーストやフローラルな香りが立ち上ります。前半は、凝縮感溢れる豊かな果実味と均整のとれた美しい酸を特徴とした上品な味わい。そこから、後半のミネラリーで骨格がしっかりとしたコクのあるリッチなテイストへとシフトしてゆきます。まさに、しなやかさと重量感の一体化でございます。是非、夏の美食のお集りの際には、ご指名下さいませ!!。