京都のフレンチレストラン「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」のflashをご覧頂くには”flash player”が必要です。コチラからダウンロードしてください。

~ ようこそ「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」へ ~

 

     「 春うらら 」

 

ここ「木屋町」の桜も「超暖冬」の今年は平年より一週間ほど早い「開花宣言」から、「花冷え」というより、厳しい「寒の戻り」に遭遇しながらも先月末には満開を迎えて、早くも「桜吹雪」の様相です・・・こちらは例年通りに「遅咲き」の対岸の「枝垂桜」も、ようよく蕾をほころばせて「紅白」寄り添って「うららかな」春へと時節を誘っていきます・・・。

 

「新型コロナウィルス」の影響で、開業以来「最悪」の状況です・・・一刻も早い「終息」を祈ってます・・・。

  • Wine&Dine

    ECHO DE LYNCH BAGES '15 (Pauillac)
    エコー ド ランシュ バージュ (ポイヤック)

    ブレンド比率は、カベルネ・ソーヴィニヨン66%、メルロー34%。魅惑的なダークベリー、梅のような香りに加え、甘草、シナモンなど甘くてスパイシーなオークの風味。赤い果実のチャーミングなニュアンスも持ち合わせ、驚くほどピュアな果実味。樹齢の若いブドウの実がもたらす、魅力的な華やかさが溢れ出ています。丸くて柔らかなタンニンは親しみやすく、柔軟で比較的早く楽しめる一本に仕上がっております。今月のマリアージュのお相手は「ピレネー産ミルクラム肉のロースト そのジュと赤ワインのソース」をおすすめします。フランスは「ピレネー」からのミルクラムはその名の通り、草を食む前の乳飲み子でございます。肉でありながら、とても清清しい味わいは感動ものでございました、そのため調理法も出来る限りシンプルに仕上げることに専念致しました。仔羊には「ポイヤック」ワインという王道のマリアージュ、乳飲み子と言う事でワインも良質の「セカンドワイン」をチョイスさせていただきました。

  • 今月のワイン

    HENRI GIRAUD CODE NOIR BRUT
    アンリ ジロー コード ノワール ブリュット

    「アイ」村のピノ・ノワールに遺伝子(コード)レベルで迫り、その神秘性を表現することをテーマに造られたシャンパーニュです。ピノ・ノワールの亜種でアイ村の土着品種プティ・ドレにこだわり、ブラン・ド・ノワール(黒ブドウのみで造られたシャンパーニュ)ならではの力強さと奥行きを感じさせるスタイルです。黄金がかった山吹色。泡立ちはキメ細かく溶け込んでいます。香りにはバニラやカシューナッツ、ビスケットなどの芳しさに、ほんのりと甘い蜂蜜のアロマが印象的で、洋梨やドライアプリコット、ピーチ、チェリー、リンゴのコンフィなど果実香が続く。そしてホワイトペッパー、樽から抽出されたスパイスのヒント、砕石、石灰的なミネラルのノートが混じり合います。複雑でエレガントな趣とともに熟成感がただよっています。口に含むとなめらかで繊細な発泡が心地よく、凝縮した果実味が瞬く間に支配する。低めの重心はブラン・ド・ノワールならではのもの。力強さと美しさ、気品を兼ね備えたスマートなシャンパーニュ。酸とのバランスがよくフレッシュな余韻が持続する。また、温度の上昇とともに味わい深い奥行も堪能できます。