京都のフレンチレストラン「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」のflashをご覧頂くには”flash player”が必要です。コチラからダウンロードしてください。

ようこそ「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」へ

             

         「 涼一味 」

「4月上旬」並みの肌寒さから「7月上旬」の真夏日を感じさせる暑さまで、まるで「3ヶ月間」の季節の移り変わりを体感した「5月」でしたが、今月に入ってからは「天気予報」も例年並みの穏やかな「夏日」の予想に、梅雨入りまでの数日間は、絶好の「床日和」・・・川面を渡る心地よい緑風に誘われながら、この季節ならではの「涼」を存分にご満喫下さい・・・。

 

  = 新メニューのご案内 =

【お好きなワイン3杯付!】ワインと愉しむ”ローカーボ(糖質制限)”ディナー【コース全8品】

今月のアルモニー・グルマン
ワインと愉しむ「ローカーボ」ディナー
  • Wine&Dine

    CHATEAU D'ARMAILHAC '12 (Pauillac)
    シャトー ダルマイヤック (ポイヤック)

    深いガーネットの色調。カシスやブラックベリーなどの果実の香りや花を思わせる香りのなかにコーヒーやタバコの香りが複雑さを与えています。タンニンもしっかりと感じますが豊かな果実味やまろやかな酸とうまく溶け込んでいます。ワインを構成する様々な要素がハーモニーとなり長い余韻にまで続きます。今回ご紹介する今月のマリアージュのお相手は「仔羊のロースト そのジュと香草風味の赤ワインソース」をおすすめします。子羊の鞍下肉ちょうど腰のあたりになります、仔羊独特のくせが少なく高級部位とされています。丁寧にローストし香草の風味利かせた仔羊のジュの赤ワインソースでお召し上がりください。歯切れも良く非常にジューシーでほんのり甘さも感じる味わいはとても贅沢なメイン料理となりました。文句なし王道の「ポイヤック」ワインとのマリアージュをお楽しみくださいませ!!!。

  • 今月のワイン

    POUILLY FUISSE '15 (Leflaive)
    プイィ フュイッセ (ルフレーヴ)

    今回ご紹介の「プイィ・フュイッセ」は2013年がファーストリリースです。2012年ヴィンテージの「ルフレーヴ・エ・アソシエ」のAC「ブルゴーニュ」と同じ畑のブドウで仕立てられていました。以前はドメーヌの村名ラベルでリリースするには樹齢が若いと判断され、ネゴスのAC「ブルゴーニュ」として(デクラッセ)リリースされたとの事です。樹齢が上がり、村名としてリリースする品質に達したため、2013年より「プイィ・フュイッセ」としてリリースされました。そして2014年産もリリース予定だったそうですが、雹害の影響でリリースは見送られ、2015年1年越しにリリースされました。2015年はブドウが例外的に早く熟したようです。「マコン」では雨の恩恵は受けられず、「ピュリニー・モンラッシェ」村よりやや肉付きが少なかったものの、両方の畑は美しく、衛生的で素晴らしい状態となりました。その後の天候も、果熟をいっそう早めるものだったようです。最終的に「マコン」では収量は少し減ってしまったようです。


キッチンスタッフ 大募集