京都のフレンチレストラン「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」のflashをご覧頂くには”flash player”が必要です。コチラからダウンロードしてください。

ようこそ「メゾン・ド・ヴァン鶉亭」へ

 「 祇園囃子 」

今年も早「半年」が過ぎ“コンチキチン”の囃子に彩られて「日本三大祭り」の一つ、祇園祭が幕を開けます。

今年は「前祭」の17日が祭日の「海の日」と重なり、宵々山から絶好の日廻となりました。

  

 = 夏季休業のお知らせ =

8月6日(日)から9日(水)の4日間を夏季休暇とさせて頂きます。

 

今月のアルモニー・グルマン
  • Wine&Dine

    MOREY ST-DENIS.Aux Charmes '11 (MIchel Magnien)
    モレ サン ドニ オー シャルム (ミシェル マニャン)

    今回ご紹介のワインは「モレ・サン・ドニ」村1級の上質畑で、「クロ・ド・ラ・ロシュ」と「マゾワイエール・シャンベルタン」のすぐ隣にある標高260メートルの赤みがかった白亜粘土質土壌から収穫されたブドウから造られます。カシスやブルーベリーに似た黒い果実や、サクランボなど核のある赤い果実の豊満なアロマを放ちます。とても柔らかく繊細ですが、土っぽい香りや豊かな果実味があり、畑の個性がしっかりと描かれた仕上がりになっております。今月のマリアージュのお相手は「京鴨のロースト ブラッドオレンジのビガラードソース」をおすすめします。京都は与謝野町の飼育の鴨をローストし、鮮やかな酸味のオレンジのソースをご用意しました。オレンジで煮たポロネギと一緒に洋風「鴨葱」一皿となりました。地味豊かな土壌の香りと柔らかい果実感の「モレ・サン・ドニ」ワインと抜群の相性となりました。是非、お楽しみ下さいませ!!!。



     

  • 今月のワイン

    NUITS ST-GEORGES.Les Damodes '99 (Lecheneaut)
    ニュイ サン ジョルジュ レ ダモド (レシュノー)

    「レ・ダモド」は、「ヴォーヌ・ロマネ」村に接した北端にあります。その先にある「ヴォーヌ・ロマネ」村の畑も同じように「レ・ダモド」という名前が付いていますが、つづりが違います。「ニュイ・サン・ジョルジュ」村の「レ・ダモド」も、ひと続きで上部と下部に分かれており、上部は村名、下部は1級畑となります。「レシュノー」は、どちらにも畑を持っていますで、ブレンドして村名格として売っていたのです。今は下部の畑が増えたので、1級として単独で造れるようになりました。2011年のことです。「ヴォーヌ・ロマネ」のようなエレガントで華やかな香り、ピュアな果実味が組み合わさり、きれいなストラクチャーで、柔らかくしなやか。約20年近い熟成で紅茶やキノコ、かすかに獣臭もまとい始め、リキュールのような、ねっとりと感も出て、ようやく個性を発揮してきております・・・是非、お楽しみください。!!!